まる健写真館

maruken322.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 04月 26日

小川村立屋の桜(25日昼)

昨日(25日)の昼休みに、23日に訪れた立屋に再び行きました。
23日にはまだ蕾だったのですが、この日の朝に妻がパステル画の仲間と訪れた時の様子を
ラインの映像で知り出かけました。
2日ほど暖かい日が続いたのですが、開花の進行の速さにびっくりです。
現場はどの木もその花は見頃を迎えていました。
ただ残念なことに朝にはアルプスが綺麗に見えていたのですが、昼には稜線が見えなくなっていました。

e0099737_22275499.jpg



e0099737_2228719.jpg



e0099737_22282065.jpg



e0099737_22283059.jpg



e0099737_22284077.jpg



e0099737_22285489.jpg



e0099737_2229558.jpg



e0099737_22292637.jpg



e0099737_22293510.jpg



e0099737_22294455.jpg



e0099737_22295492.jpg



e0099737_2230344.jpg



e0099737_22301394.jpg



e0099737_22302328.jpg



木の下に人が絶えず、思うように撮れませんでしたが・・・。

by maruken1941 | 2017-04-26 22:41 | 写日記 | Comments(2)
Commented by momo at 2017-04-28 21:48 x
見事なさくら 桜 サクラで春爛漫です。
枝振りも幹も立派で多くの人の努力が延々と何百年か何十年と大切に育てられてきた事を思うと畏敬の念を感じます。
Commented by maruken1941 at 2017-04-29 00:12
momoさん
各地に名のある一本桜がありますが、長い歴史の中で代々受け継がれて大切に管理されているのが分かります。
日本人は本当に桜が好きなんですね、小鳥の働き?
で雑木林の中に山桜が増えていますが、あちこちで
人の手によって植樹もされています。


<< 我が家の花たち      桜の花を求めて (小川村〜長野... >>