まる健写真館

maruken322.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 02月 12日

木曽路へ

今日は友人と久し振りの撮影に出かけました。
この時期、どこへ行くかいつもながらの思案の結果、以前から気になっていた木曽へ
行くことにしました。
長野から高速に乗らず、下の道を行くことにして信州新町から大町市へ出ました。

大町市の若一王子神社にて、

e0099737_2057048.jpg



豊科の犀川ダム湖(白鳥湖)に立ち寄ってみました。
今年は鳥インフルエンザの疑いから立ち入りが制限されていましたので、撮影に行きませんでしたが
一寸覗いてみました。

e0099737_2132051.jpg



この後、木曽へ向かいました。
寝覚めの床にて、

e0099737_2145836.jpg



e0099737_215103.jpg



e0099737_2152027.jpg



e0099737_2152960.jpg



e0099737_2153819.jpg



e0099737_2155040.jpg



e0099737_216044.jpg



e0099737_2161010.jpg



木曽町三岳の白川氷柱: 過去二度訪れていますが、今年も行くことができました。
例年の見頃は1月中旬〜2月中旬とのことですが、最近の冷え込みで待っていてくれたようです。

e0099737_2116488.jpg



e0099737_2116182.jpg



e0099737_21162819.jpg



e0099737_21163994.jpg



e0099737_21164987.jpg


by maruken1941 | 2017-02-12 21:20 | 写日記 | Comments(2)
Commented by momo at 2017-02-13 22:29 x
寝覚めの床は初めて知りました。
珍しい名前ですね。
素晴らしい氷柱で氷の色味も綺麗に出ていますね。
Commented by maruken1941 at 2017-02-14 21:47
momoさん
ありがとうございます。
寝覚めの床には浦島伝説があります。
この名前は晩年をここで過ごした浦島太郎の伝説に
由来するもので、床岩の上に祀られた浦島堂は玉手箱を開いて煙を浴び、たちまち三百歳になってしまったその不思議な翁の姿を語り継ないでいるんだそうです。


<< 春を求めて      立春 >>