まる健写真館

maruken322.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 01月 09日

大岡へ

昼休みを利用して、7日に道祖神祭りがあった長野市大岡地区の芦ノ尻集落へ行って来ました。
この祭りは県無形民俗文化財に指定されており、集落で正月に飾ったしめ縄を使って、
石造りの道祖神に神様の顔「神面」を飾り付ける伝統行事です。


e0099737_0424257.jpg



e0099737_043648.jpg



e0099737_0415911.jpg



e0099737_043438.jpg



つづいて周辺の景色を撮って見ました。


e0099737_0452858.jpg



e0099737_0454214.jpg



e0099737_046667.jpg



e0099737_0462366.jpg



e0099737_0464235.jpg



今年初めて風景を撮りました。

by maruken1941 | 2015-01-09 23:58 | 写日記 | Comments(4)
Commented by マルちゃん at 2015-01-10 08:46 x
8日に小川村までステンドグラス展を見に行ってきましたが、あいにくの天気でアルプス展望台にはいかずに戻ってしまいました。残念でした。
今年も大岡村の神様が見れて良かったです。
まる健さんのお蔭です。
Commented by maruken1941 at 2015-01-10 21:27
マルちゃん
山口さんご夫妻の二人展に行ってくださったのですね、
ありがとうございました。
マルちゃんも奥さんとの夢の二人展を目指して
頑張りましょう。
大岡の道祖神は毎年行っていますが、昨日は良い条件に
恵まれたと思います。
イメージとしては頭に綿帽子を乗せた姿も良いかなと思いますが・・・。
Commented by momo at 2015-01-12 17:09 x
この道祖神は昨年も拝見しましたが本当に良く出来ていますね。
誰が作られるんですか?
作り方がちゃんとあるんでしょうから誰でもと言う訳にはいきませんね。
ここは雪が無いのですね。
こちらでは見られない雪景色もいですね。
Commented by maruken1941 at 2015-01-12 21:44
momoさん
この道祖神は33世帯約60人の集落の皆さんが毎年当番性
で飾り付けているようです。(今年は8名で)
最近は小中学生も作業を手伝うようになったようです。
明治初期からつづいている伝統行事だそうですので、先輩から後輩へと技が引き継がれているのだと思います。



<< ニューイヤーコンサート      戸隠奥社杉並木へ >>