まる健写真館

maruken322.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 11月 04日

木曽路へ

連休も雨模様の予報に悩み、2日の予定を3日に変更して友人と大桑村の阿寺渓谷へ行くことにしました。
途中、上松町の寝覚の床に久し振りに立ち寄ってみたくなりました。
幸い上空には青空も広がり雨の心配は無さそうでした。


e0099737_225314.jpg



e0099737_2253449.jpg



e0099737_226937.jpg



e0099737_2263992.jpg



e0099737_2272470.jpg



阿寺渓谷では、水辺で美しい紅葉を見せてくれたのは撮影に入る予定の半分位のところまででした。
上流に行くに従って残念ながら落葉が進んでいました。
前日の雨と風が関係していたかもしれませんが・・?


e0099737_22195184.jpg



e0099737_22202095.jpg



e0099737_22205151.jpg



e0099737_22212547.jpg



e0099737_2222392.jpg



e0099737_22223085.jpg



e0099737_2223197.jpg



e0099737_22234014.jpg



e0099737_22241448.jpg



e0099737_22245340.jpg



2日は雨が降ったようですが、現地に行った訳ではないので、どの程度の雨だったのか分かりません。
ときどき降る小雨程度なら、それも良かったかもしれませんが・・。
この日は、気温は低かったのですが日が射してくれたので温かく過ごせました。

by maruken1941 | 2014-11-04 22:42 | 写日記 | Comments(4)
Commented by momo at 2014-11-05 13:27 x
四角っぽい岩が素晴らしい渓谷美を作っていますね。
この岩場の風景は私も初めて拝見します。
かなりの山奥みたいですね。
Commented by maruken1941 at 2014-11-05 23:17
momoさん
寝覚の床は中山道、木曽路の「木曽八景」の一つとして数えられる景勝地です。
国道19号に沿ったところに有ります。

調べてみました。
木曽川の急流によって花崗岩が浸食されて出来た自然地形です。
水底で浸食されつづけていた花崗岩が、上流に出来た木曽ダムなどによって水位が下がり、今は水面上に現れているのだそうです。  ここには、竜宮城から帰ってからの浦島太郎伝説もあります。
Commented by マルちゃん at 2014-11-06 05:27 x
まる健さん
霊松寺に木曽路にお元気でまた素晴らしい紅葉の写真で良いですね。
我が家は孫が帰り、静けさを取り戻しました。
女房が戻るまでに、何とか畑仕事を頑張ります。
マル
Commented by maruken1941 at 2014-11-06 06:57
マルちゃん
ありがとうございます。
お孫さんたちが帰られてホットしたり、寂しい思いが強いことでしょうね。
奥さんが送って行かれたんですね、それは寂しいですね〜。
これからは冬を迎える準備に忙しいことでしょうが、身体に気をつけてください。

ご両親のお祝い、お孫さんと楽しく過ごす様子など、観させて頂きました。


<< 撮影行 (前編)      きょうの久米路橋とその周辺 >>