まる健写真館

maruken322.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 01月 13日

コハクチョウとの再会 (13日)

この連休、一日は撮影に出たいと思っていました。
当初、天気予報などから12日に出掛けたいと思っていたのですが、
急な用で出掛けられなくなりました。
今日もどうなるのかと思っていたのですが、朝の内だけ出ることにしました。
さもないと、出るのがだんだん億劫になってしまいそうで・・・。
そして、いつもの白鳥に会いに明科の御宝田へ行く事にしました。
朝、それでも躊躇している内に時間が過ぎ、家を出たのは6時50分になってしまいました。
白鳥は飛び立ってしまったのでは・・? と思いながら明科へ向かいました。
8時少し前に到着したのですが、白鳥の姿はありません。
今年の鳥たちは、朝が早いようです。(年によって違う気がします)
仕方がないので、大町〜白馬方面の雪の世界を回って帰ろうとも思ったのですが、
安曇野に来ているので大王ワサビへ行って見ることにしました。
しかし ワサビ園の風景は苗がまだ小さくてイマイチでした。


e0099737_22325245.jpg



e0099737_22331710.jpg



ここで、再び考えたのですが、明科の御宝田に戻って見る事にしました。
早く飛び立った白鳥が戻ってくることがあるので、着水の場面が撮れるのではないかと、
淡い望みを持って・・・。
戻って見るとやはり白鳥の姿はありませんでしたが、白鳥を守る会のおじさんが3〜400m上流に
何羽かの白鳥がいると教えてくれました。
そこには100羽位? いました。
期待した飛び立つ場面は撮れませんでしたが、戯れるところを中心に狙ってみました。


e0099737_2249359.jpg



ここでの白鳥たちは川底の石に付いたコケを食べていたようです。


e0099737_22505980.jpg



e0099737_22512060.jpg



白鳥の中にも、喧嘩っ早いのか、縄張り意識が強いのか、やたら仲間を突っつき回すのがいました。
そんな場面を撮ってみました。
動画だったら良いのですが・・・。


e0099737_22554262.jpg



e0099737_225673.jpg



e0099737_22563488.jpg



e0099737_2257997.jpg



e0099737_22573899.jpg



最後にもう一つの争いを紹介しておきます。


e0099737_22585750.jpg



e0099737_22592027.jpg



e0099737_22594458.jpg



e0099737_230896.jpg



どうでしたか、白鳥の世界も厳しいものがありますね・・・。

by maruken1941 | 2014-01-13 23:13 | 写日記 | Comments(2)
Commented by momo at 2014-01-14 21:39 x
寒中お見舞い申しあげます。
寒いと出掛けるのが億劫になりますね。
私も写真してなかったらまず出ないと思います。
わさび農場は懐かしいです。 冬はこんなになるのですね。

白鳥は良いショットだと思います。
何故か喧嘩しますよね。飛びながらつつっいているのも見た事あります。
私も今冬は一度は白鳥撮りたいと思っていますが あの寒さを想像すると決心がつきません。
飛沫の様子も良く撮れていると思います。
Commented by maruken1941 at 2014-01-15 01:25
momoさん
ありがとうございます。
このところ寒い日がつづいていますが、momoさんは頑張っておられますね。
ワサビ農場のこの場所は、たまたま昨年の秋に苗を植えたところです。
成長した苗は2〜3月には花が咲き出すはずです。
この日は、少し雪が降った後だったのですが・・・。

白鳥につきましては、飛翔する姿は撮れませんでしたが、
近くで繰り広げられる白鳥たちの姿を集中して撮ることが出来て
良かったと思います。
約1時間の粘りでしたが・・・。


<< ストレプトカーパス      芦ノ尻の道祖神 >>