まる健写真館

maruken322.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 09月 27日

「稲の刈り取り風景」を求めて (23日) ②

上の段の田圃で撮影しているうちにお目当ての田圃の人たちが、ようやく到着しました。
私が好んでいつも撮っている田圃で、持ち主とは顔見知りになっています。


e0099737_21324612.jpg



e0099737_21331840.jpg



e0099737_21335231.jpg



驚くことに、このお二人は田圃の持ち主の妹さん夫婦ですが、
話してみると友人と同じ町内にお住まいでした。
この奥さんは、友人の奥さんと一緒に自治会の活動を行った人で、
友人のこともよく承知しておりました。
世間は狭いものですね・・・。

e0099737_21421756.jpg



e0099737_21432441.jpg



e0099737_21435867.jpg



つづいて、戸隠へ向かう途中で稲を刈る田圃がありました。


e0099737_21472541.jpg



e0099737_21474412.jpg



戸隠のいつもの場所で、88歳のおばあちゃんに出会いました。
年齢のこともあって、ご家族は家に居て欲しいようでしたが、
おばあちゃんは長年の習慣と責任感からなんでしょう、
自分も手伝うつもりで来ているのです。
機械で刈り難い田圃の淵の稲を刈っていました。


e0099737_2223517.jpg



e0099737_2225135.jpg



e0099737_2231441.jpg



e0099737_632593.jpg



e0099737_2233652.jpg


by maruken1941 | 2013-09-27 22:05 | 写日記 | Comments(2)
Commented by momo at 2013-09-30 22:30 x
稲刈りの様子沢山拝見しました。
手作業は今では珍しいですよね。
これも棚田こその風景で 当地は機械で刈り取ってそのまま脱穀??してるみたいです。
Commented by maruken1941 at 2013-10-01 06:50
momoさん
こちらでも手で刈る田圃は少ないですが、機械を入れる場所とか
各コーナーは手で刈っているようです。
広い田圃はコンバインで刈るところが多くなりましたが、被写体と
しては味気ないですよね〜。


<< 「稲の刈り取り風景 」を求めて...      「稲の刈り取り風景」 を求めて... >>