まる健写真館

maruken322.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 08月 07日

美ヶ原高原〜八島湿原 (後編)

標高2034mの王ヶ頭を後にして、いったん巣栗キャンプ場まで下り、改めて美ヶ原高原
の山本小屋入口まで上ってから霧ヶ峰方面へと下りました。
友人もマクロレンズを使って花を撮っていましたので、花の豊富な八島湿原へ立寄るつもりでした。
ただ、昼近い時間で駐車場に入れるか気がかりでしたが、幸運にも4〜5台目で長時間待つことなく
駐車することが出来ました。
ここで昼食を摂ってから湿原の周囲を、花の有りそうなところを少し散策することにしました。
平坦なところなので、私もマクロレンズの付いたカメラもバックに入れました。
そして、いざマクロで撮ろうとしたのですが、ONにしてもライトがつきません。
もしやと思って開けてみるとバッテリーが入っていません、前夜充電したときに忘れないで
装填しなくてはと思っていたのですが・・・。
美ヶ原の上には持って行かなくて良かったです。
そこで花のアップは望遠レンズで撮りました。
やはりここは花の宝庫です、撮った中から主なものを掲載しておきます。


e0099737_018559.jpg


コオニユリ:

e0099737_019664.jpg



e0099737_019375.jpg



アカバナシモツケ:

e0099737_021720.jpg



ワレモコウ:

e0099737_0215089.jpg



e0099737_0225110.jpg



エゾカワラナデシコ:

e0099737_0234450.jpg



キンバイソウ:

e0099737_0242547.jpg



e0099737_0244927.jpg



ヤナギラン:ようやくヤナギランの群落に出合うことが出来ました。

e0099737_0272077.jpg



e0099737_0275241.jpg



e0099737_0282014.jpg



e0099737_0291017.jpg



標高2000mの美ヶ原高原から1630mの八島湿原へ下ったときに暑さを感じましたが、
家に帰ると更に蒸し暑くて・・・、暑いときは高原の自然の冷気が一番ですね。

by maruken1941 | 2013-08-07 00:46 | 写日記 | Comments(2)
Commented by momo at 2013-08-07 15:10 x
私も以前は電池が入っていなかったりカードが入ってなかった事あります。
日光まで行ってカメラが壊れたり・・近くならまだあらためて・・という事も出来ますが 旅行ではそれも出来ないので必ず二台持っていきます。
湿原はいまはヤナギランの季節なんでね。
群生がとても綺麗です。
ミソハギに似ていますね。
お天気が良くて良い撮影日和でした。


Commented by maruken1941 at 2013-08-07 23:14
momoさん
基本的な失敗でした。
ヤナギランの群落が少なくなったのではないでしょうか・・(?)
ヤナギランも鹿に食べられるそうです。
八島湿原は周囲が電気柵で囲まれていますし、山のあちこちが
電気柵で張り巡らされています。



<< 善光寺さん      美ヶ原高原〜八島湿原 (前編) >>