まる健写真館

maruken322.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 06月 18日

木曽路の旅 (後編)

阿寺川は岐阜県境近くの山間に源を発し、切り立つ岩の間を抜け、やがて木曽川に合流します。
渓谷には硬く風化されにくい濃飛流紋岩などがあって、水が濁りにくいのだそうです。
そして 「無色透明の水がエメラルドグリーンに見えるのは、太陽光のうち波長の長い赤い光は
水が吸収しやすく、吸収されなかった光が水中で散乱したり、白や灰色の川底で反射したりして
人間の目に届くと、青や緑の神秘的な色に見える」 のだそうです。(信毎記事より)

後編では、前編で掲載したもの以外でカメラに収めたものを紹介します。
唯、残念ながらマクロレンズを持っていなかったので撮るのを諦めたものもありましたが・・・。


e0099737_2247842.jpg



e0099737_2247459.jpg



e0099737_22482614.jpg



e0099737_2249528.jpg



e0099737_22493782.jpg



e0099737_2251487.jpg



e0099737_22512618.jpg



e0099737_22515541.jpg



この後、帰路についたのですが、息子が奈良井宿で買い物をしたいというので
立寄りました。


e0099737_22544316.jpg



e0099737_22552038.jpg



e0099737_22555865.jpg



e0099737_22563320.jpg



以上が今回の木曽路の撮影行でしたが、大桑村まで行きますと、
来る車は岐阜や名古屋のナンバーばかりでした。
地元の松本が少しで長野ナンバーは私の車とNHKのカメラクルーの車だけでした。
そして好季節は春の芽吹きから新緑のころと、秋の紅葉のころでしょう。

by maruken1941 | 2013-06-18 23:16 | 写日記 | Comments(4)
Commented by マルちゃん at 2013-06-19 00:36 x
まる健さん
阿寺渓谷良かったですね。
こんなにきれいなところあるんですね。
7月4日に木曽に行きますが、ブービーメーカーの芝刈りです。
9月には女房と木曽路を探索しようと思っています。
この所、畑仕事がなかなか大変で本来の仕事以上です。
母と過ごせる貴重な時間と考えて楽しむ事にしました。
Commented by maruken1941 at 2013-06-19 22:31
マルちゃん
前日は雨降りだったのですが、この日は天候に恵まれて最高でした。
木曽路は遠いですが良い所があちこちに有ります。
奥さんとの旅が楽しみですね。
畑仕事は大変なことですが、親孝行が出来て良いですね、
でも、オーバーワークにならないよう健康には気を付けてください。
Commented by momo at 2013-06-19 23:52 x
風景も水も美しくて ササユリにも出会えて良い一日でしたね。
子供の頃木曽川ので良く遊びましたが あの美しい水が木曽川へ注いでいたのですね。
沢山レンズを持って行くのは大変ですが 持って行けば良かったと私も後悔することが多いです。
長野は南から北まで美しいところがいっぱいですね。
Commented by maruken1941 at 2013-06-20 17:06
momoさん
やはりササユリなんですね、ただ一輪だけあったのです。
道具については、車の近くで撮影するときはいいのですが、
歩いて移動するときは軽い方がいいですからね・・。


<< 戸隠へ      木曽路の旅 (前編) >>