まる健写真館

maruken322.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 05月 13日

母の日のお出掛け

母の日、午後になって信濃町へ行く用があったので妻と出掛けることにしました。
折角なので、牟礼のニリンソウ群生地(ここ何年も行ってなかったので)と戸隠水芭蕉園を
回って行くことにしました。
飯綱へ行く途中の中曽根地区で前方に綺麗な景色が現れました。


e0099737_22402791.jpg



e0099737_22405377.jpg



むれのニリンソウ群生地にて:

e0099737_22455896.jpg



e0099737_22462763.jpg



e0099737_22465542.jpg



戸隠森林植物園の水芭蕉園にて:

e0099737_22524941.jpg



e0099737_2253347.jpg



e0099737_22544422.jpg



e0099737_22552238.jpg



e0099737_22561813.jpg



e0099737_22571076.jpg



e0099737_2257423.jpg



e0099737_22583884.jpg



e0099737_22591384.jpg


by maruken1941 | 2013-05-13 23:08 | 写日記 | Comments(2)
Commented by momo at 2013-05-14 17:24 x
ニリンソウは大群生地ですね。
三毳山も沢山ありますが これほどではありません。
戸隠植物園は今が一番良い時でしょうか。
今年もう一度車゛行こうかと思いましたが 遠くて諦めました。
鏡池も気にはなっているのですが 運転が疲れそうで・・
カタクリが水芭蕉と一緒に咲くんですね。
カタクリが湿地でも咲くとは知りませんでした。
八枚目の映り込みと九枚目の水芭蕉がとても素敵です。
Commented by maruken1941 at 2013-05-14 21:59
momoさん
いつもありがとうございます。
ここのニリンソウ群生地は(他との比較は出来ませんが)かなりのものだと思います。
唯、水芭蕉もそうですが人の手を入れて整備することをせず、
自然に任せているのでしょうか、倒木も朽ちるまで放置されますし、
若木も生えてきます。
将来はどうなるのでしょうか?

戸隠植物園の水芭蕉は一寸遅いようでした。
芽吹きはこれからのようでしたので、小鳥観察の人たちには良いのでしょう。
私が行ったのは午後3時頃でしたが、丁度光が良かったと思います。
カタクリが咲いていたのは、それほどの湿地ではないと思います。
鏡池については良く分かりませんが、そろそろ芽吹くのではないかと思います。


<< シジュウカラガン      雨上がりの朝 >>